> > > フェライトコア

技術・サポート情報

技術情報

フェライトコア

フェライトコアとは

フェアライトコアとは

強磁性を示す金属酸化物は電気的に絶縁性を示すので、高周波用磁性材料としても幅広く活用されています。
ソフトフェライトと呼ばれる鉄を主成分とした混合 フェライトをトロイダルコアの磁心として用いることにより、ノイズ輻射をもたらす高周波電流を阻止することができます。
ノイズ電流が流れているケーブルに フェライトコアを取り付けることにより、フェライトコアの磁化に応じてケーブルのインピーダンスが増加し、ノイズ電流の伝播を抑えます。また、コアの磁化 に伴いノイズのエネルギーを吸収し熱に変える働きもあります。
30MHzを超える周波数で問題になる放射妨害波の対策には、Ni-Mn 系ソフトフェライトを用いたビーズ形状のコアがパソコンやデジタル家電製品などの電気・電子機器のケーブルに数多く用いられています。

関連製品一覧

フェライトコアの特性

フェアライトの特性

フェライトコアのEMC効果は、フェライトコアのインピーダンスによって決まります。
フェライトコアのインピーダンス特性は、下記の計算式で表されます。

Z = z×形状ファクター×N2
Z = インピーダンス 、 z = 材料特性 、 形状ファクター = 断面積÷平均磁路長
N = ターン数

※材料は、周波数30MHz以上で最適な特性の得られる材料を使用しています。
※ターンすることで周波数帯域が低周波側に移行します。

フェアライトコアのターン数

関連製品一覧

フェライトコアの選択の考え方

EMC対策用 フェライトコアのバリエーションは幅が広くさまざまな状況での使い分けが可能です。

1. 分割コアを使用するケース

a. フェライトコアを取り付けるケーブルにコネクターがすでについている場合(分割)
b. フェライトコアを取り付けることでコネクターのアッセンブリが自動化できなくなるケースがあります。
  トータルコストで判断し分割コアを使用します。
c. コアの固定をする場合

2. サイズ形状による選択

a. 目安として150MHzより高周波帯域のノイズカットの場合及びケーブルをターンしない場合
 ・内径はケーブルに合わせ、外形が出来るだけ大きく 長さ(L)が長いタイプを選択します。
 ・ケーブルはターンしないで使用します。
 ・形状ファクターによりインピーダンス特性が得られます。
b. 目安として150MHzより低いノイズカットの場合や装置内のケーブル対策として使用される場合
 ・内径は大きく(ケーブルが数ターン可能なサイズ) 長さ(L)の短いタイプを選択します。
 ・ケーブルをターンして使用します。
 ・ターン数によりインピーダンス特性が得られます。
※ターンする事で外観的な見栄えが悪くなる為、装置内のケーブル対策として使用されるケースが多く見られます。

3. ケーブルの種類による選択

・フラットケーブル/SSCシリーズ
・FFCケーブル/FPCシリーズ
・多芯ケーブル/TRシリーズ、RIシリーズ他

関連製品一覧

フェライトコアの用途

フェアライトの用途

・ケーブルからの放射ノイズ対策として使用します
・ 静電気対策
静電気は、印加のする電圧の立ち上げスピードにより幅広い周波数のノイズ成分を含んでいます。
30MHz以上のノイズをカットすることで対策できるケースがあります。

・内部干渉ノイズ対策

関連製品一覧